クラウド経済学


By Ian Moyse

1965 年のムーアの法則によれば、半導体の性能は 2 年ごとに倍増するという予測でした。しかし、この法則を作ったゴードン E. ムーアも、クラウドがいずれは我々の生活全体にもたらす飛躍的なスケールメリットは予測できませんでした。一例として、処理能力やストレージのような必要不可欠なものがより手に入りやすくすることによって、値下げにつなげることができました。それだけでなく、40 年ほど前には誰も想像できなかった便宜さも実現されました。

今日では、優れた処理能力とローカル ストレージを備えたモバイル デバイスを使って、実質的には世界中のどこからでも、わずかな金額でアプリケーションを検索しダウンロードすることができます。例えば Shazam です。Shazam は、曲の名前などが分からない場合、数秒再生しただけで特定してくれます。クラウド データベースを利用することで、Shazam ではスマートフォンを介して歌を購入し、ダウンロードすることもできます。便宜さ、低価格、ローカル デバイスの性能、このすべてがクラウドによって推進されます

クラウドは、コスト ダウンを推進しただけでなく、インターネット利用の満足度、さらには期待度を向上させました。モビリティを実現し、いつでも、どこでも、誰にでも、非常に強力な処理能力を提供します。また、クラウドはさまざまなベンダーが成功する駆動力にもなりました。今後もこの状況は続き、開発者はアプリケーションをより速く市場に出し、提供コストを下げて、より幅広いユーザーをターゲットにできるでしょう。

変更を期待すべき点もあります。現在使用しているテクノロジーの規模や提供方法、つまり、非常に小さいファイル、プログラム、またはデバイスを、あらゆるメリットを備えたクラウドに接続するという点です。常時接続の「あれもこれも欲しがる」ライフスタイルに対する欲求が増している中で、このようなクライアント/クラウド型の構成は消費化ブームです。

iPhone 14 や iPad 11 で 10 年後も、無料のアプリがあったり、使用するたびに 1 円を払ったりしているでしょうか。それとも、処理能力や情報の消費方法、購入方法をさらに変えた、新しいモデルを採用する別の製品が登場するでしょうか。

今後、クラウド経済学に変更を加えることは不可避です。もしかしたら、ムーアの法則をアップデートすれば、現在の普及率と消費率に基づき、クラウドで実行されているアプリケーションの数は 2 年ごとに倍増するという仮説になりますが、むしろ 2 か月ごとに倍増する可能性の方が高いかもしれません

wordpress blog stats