モバイルのマルウェア急増のシーズン


By Armando Orozco

“パーフェクト ストーム” という言葉を聞いたことがありますか。アンドロイドの世界で巻き起こっている嵐のことかもしれませんね。我々は、ちょうどある調査を終えたところです。その調査では、クリスマス用のショッピングをモバイル デバイスで行う割合が大幅に高くなりつつあるということがわかりました。その調査の結果、今年、プレゼントの購入をモバイル デバイスで行う予定の人は、2 倍以上に増加していることが判明しました。2 倍以上?! それでちょっと考えたのですが…

Android を狙ったマルウェアが急増していることは知られていることです。Android ユーザーもそのことを認識していますが、モバイルに関する弊社の調査でも、自分のデータのセキュリティを意識しているのは、実際に Android ユーザーの方が iOS ユーザーよりも 23% 多いという結果が示されました。また、Google が 3 月に発表したレポートでは、Google では、オープン ソースの Android OS へのアクセスを制限していたということですが、弊社の調査では、Android 向けの新しいアプリの検証プロセスは正式にはまだ行われていないため、それらの脆弱性が悪用される機会が多く存在することを確認しています。

この流れは簡単に推測できますね。

クリスマス シーズンが始まると買い物客はこぞってモバイル デバイスを使用するようになるため、サイバー犯罪者が舌なめずりをしているのは簡単に想像できます。我々は Android を狙ったマルウェアによってよく行われる操作が 2 つあることを確認しました。1 つはデバイス上のデータへのリモートアクセス権限を奪う、もう 1 つは有料サービスにアクセスしてしまうメッセージが送信されるものです。もちろん、犯罪者の最終的な目標は両方とも金、金、金です。そして、犯罪者がもっとも稼げるのはクリスマス商戦のシーズンなのです。

しかし、ここで考えなければならないことがもう 1 つあります。リスクはマルウェア以外にも存在するわけで、Android デバイスだけを責めることはできません。iOS ベースのスマートフォンとタブレットは当然モバイルで使用され、これは持ち主以外の手に、デバイスが簡単に渡る可能性があることを意味します。そしてどのようなデータであれ、すべてデバイスと共にその手に渡ってしまうのです。

クリスマス商戦の初日には、モバイルでメールを送信する前に、次の簡単な手順を実行してデバイスとデータを保護することをお勧めします。

  • デバイスをロックする。ほとんどのスマートフォンとタブレットでは、パスワードや数字のコード、パターンでデバイスをロックできるようになっています。ロック機能をぜひ使用してください。
  • 使用するアプリを把握する。アプリのダウンロードは、信頼できるソースのみから行ってください。SMS メッセージの送信機能など、必要でない機能を使用するはめになるようなアプリは決してインストールしないでください。そして、インストールする前に、ユーザーやエキスパートによるレビューをチェックするのがいつでも賢いやり方です。
  • WiFi のホットスポットに接続するときは細心の注意を払う。WiFi ホットスポットへの接続中は、銀行サイトの利用、ショッピング、セキュリティで保護された Web サイトへのログインなどは避けてください。
  • モバイル用のセキュリティ ソリューションを利用する。モバイル用のセキュリティ アプリケーションでは、デバイスを紛失した時のデータの保護、Web 閲覧時のセキュリティ保護、マルウェア対策サービスなどを利用できます。ウェブルートは、iOS と Android OS を搭載したデバイスのセキュリティの保護対策として、無償、有料のいくつかのバージョンの Webroot® SecureAnywhere™ をリリースしています。

もっとも重要なのは、Android を空港で使うときでも、コンピューターを家で使うときでも、いつでも注意してショッピング サイトを利用することです。これからのシーズンは安全にショッピングを行ってください。

※この記事は11月18日に更新された英語版の参考和訳です。

wordpress blog stats

広告