偽セキュリティソフト Win 7 Internet Security 2013 にご注意!


By Tomo

今年に入ってから、ウェブルートのカスタマーサポートセンターに Win7 Internet Security 2013 というマルウェア(偽ウイルス対策ソフト)に感染したという報告を何件か受けました。

今までこの手のマルウェアはWindowsを『セーフモードとネットワーク』で起動してブラウザーを起動し、リモートセッションにてお客様のPCを操作し、マルウェアを検索、削除し、レジストリもクリーンにして対応していましたが、このWin 7 Internet Security 2013は少し厄介です。“厄介”な理由としては、以下の点があげられます。

①    これまでの一般的なマルウェアはWindowsをセーフモードで起動するとマルウェアが実行されないので、セーフモードで削除が可能でした。

しかし、Win 7 Internet Security 2013ではマルウェアがセーフモードでも実行されるので、削除が大変困難。

②    Windowsを『セーフモードとネットワーク』で起動しても、ブラウザーの起動が阻害され、ウェブルートのオペレーターがリモートセッションを確立したり、ツールをダウンロードできない。

③    『システム構成ユーティリティー』(msconfig.exe)やレジストリエディター(regedit.exe)、タスクマネージャーがセーフモードでも起動しない。

この様な“厄介な”マルウェアに感染しない様にするには、

①    ネット掲示板のリンクは踏まない。

②    スパムメールは開かない。(開いても、メール内のリンクは絶対にクリックしてはいけません!)

③    知らないメールアドレスから来た怪しい添付ファイル(例:freescan_2013.exe)は開かない。

以上の項目を守るだけで感染の確率は大きく減少します。皆さんも感染には十分気をつけてください。

※ウェブルートでは、既にこの厄介な『Win7 Internet Security 2013』を従来のアンチウイルスとは異なる画期的な技術で構成された最新鋭のセキュリティ、ウェブルート セキュアエニウェアにより検知・駆除することが可能になっています。

※ウェブルート セキュアエニウェアをまだお持ちでないお客様は、無償トライアルを提供していますので、是非お試しください。

企業向け: http://www.webroot.com/customerSupport/trialRegistration.php?trpd=WSAB&loc=JPN&lang=ja

個人向け:
http://www.webroot.co.jp/Ja_JP/consumer-trials.html

モバイル:
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.webroot.security.trial30&feature=search_result#?t=W251bGwsMSwyLDEsImNvbS53ZWJyb290LnNlY3VyaXR5LnRyaWFsMzAiXQ


wordpress blog stats